HOME>イチオシ情報>歯科に行くタイミングを掴んで虫歯知らずになろう

歯科に行くタイミングを掴んで虫歯知らずになろう

歯科に行くべきタイミング

歯科に行って治療を受けると時に痛い思いをすることがあります。それが恐怖となって、次から歯科に行くことが億劫になることもしばしばあるでしょう。しかし、虫歯を放置してしまうと最悪のケースでは歯を抜かなくてはならなくなります。更には歯周病に発展し、顎の骨が溶けてしまったり、健康に害がでたりするので、早めに歯科に行って治療を受けるのがベストです。そのタイミングとして、歯に痛みが出ることが挙げられています。それだけでなく、強い口臭や出血がある場合も要注意なのですぐにでも最寄りの歯科に行くようにしてください。そうすることによって、健康な歯をいつまでも維持することが可能になりますよ。1番良いのは定期的に歯科で歯のメンテナンスをしてもらうことだと言えるでしょう。そうすれば、歯を削ったり抜いたりせずに治療を行なえるのです。

歯科で治療を受けるまでの流れ

意を決して歯科に行こうと重い腰をあげたのなら、流れを把握しておくといいでしょう。まず、歯科についたら受付で健康保険書や社会保険書の提出をします。そして、初めての方は問診票に記入をしなくてはならないので、最低でも10分前には歯科に着いているようにしましょう。問診票に記入が終わると口内の検査やレントゲン撮影が行なわれます。この時に金属製のアクセサリーを身に着けることができないので、できれば外しておくのが正解です。それから、治療がスタートします。今では無痛麻酔を取り入れている歯科があるので、注射が苦手な方に最適ですよ。治療が終わったら待合室で名前を呼ばれるまで待って、受付で治療費を支払います。次回も治療が必要な方はこの時に予約を取っておくとスマートに来院することができるでしょう。